バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

コツコツ続けられる人は強し!バレエのためのヨガ

今日はバレエのためのヨガ平日クラスがありました!秋が進んでいますがばっちり冷え対策しながらヨガのクラスに挑んでくださいました。

木のポーズで集合写真撮りましたら安定しきっていてあと数分立てそうでした〜(笑)ヨガ・リトリートでもよく使ってますね♪

最近はヨガの呼吸法も取り入れるようにしています。こちらは片鼻呼吸をしているところ。右の鼻と左の鼻を交互に呼吸してバランスを整えます。

右が太陽の呼吸。元気で活発なときに優位になりやすいといいます。もともとインドでは古くからそういい伝えられていたそうですが実際に交感神経系と関わりがあることがわかってきているという説があります。目が覚めて元気に活動したいようなときは右が優位になりやすいといいます。

左が月の呼吸。リラックス、疲労回復、眠るときに優位になりやすいといいます。副交感神経系と似ていることに気づきますね。眠たいときは左が優位になりやすいといわれます。

さあ、みなさんは当てはまっているでしょうか。

それを利用して、昼間に仕事なのに眠たいときは左鼻をおさえて右鼻で呼吸します。すると太陽の呼吸が刺激され体の活発モードをスイッチオン。

反対に夜ベッドで眠るときに目が覚めていたら、右鼻をおさえて、左鼻で月の呼吸を刺激します。

みなさんも日常生活で当てはまりそうな日にトライしてみてください。(傾向、合っているかな〜?)わりと多くの生徒さんが後日に「けっこう合ってました」とおっしゃいます。

開脚ストレッチも追加したり、バレエの「お腹を入れる」を分析したり、姿勢の傾向を矯正したり、単なるヨガクラスではなく、ふだんのバレエをレベルアップするためのボディワークのようなクラスになっておりますが、ふだんバレエで会っているみなさんだからこそ伝えたいことがどんどん湧き上がるクラスです。

コツコツと続けている方は、片足バランスや足腰を鍛えるポーズでぐんぐん強く安定してきています!

年齢関係なく、何歳からでもコツコツ続けられる人は何においても強いのだということがよーーくわかります。

来月このクラスは満員になっていますが、これから始めようとしている人も大丈夫。

今から始めるということが大事。過去は関係ありません。どれぐらい続けられるかを心配する必要もありません。

まず今から動き出す。そのことにフォーカスして一日一日進んでいきましょう!